必ず収入を得たいなら一棟売りアパートがお勧め

マンション投資の賢い方法

集合住宅の模型

安く入手し手を加える

投資用マンションに中古マンション、しかも、かなり築年数が経っているマンションを選ぶというケースが増えています。かなり築年数が経っているマンションを投資用マンションにするメリットは、そういったマンションは当然、安い価格で販売されていますから、初期費用が低く抑えられることです。そして、マンション購入の際には融資を受けることができますから、さらに少ない資金でマンション投資が始められます。このことは、現在のマンション投資ブームの1つの理由となっています。築年数がたっているマンションに投資する場合には、設備や使用が古くて今の時代に合わないという心配があります。デザインや機能だけでなく、老朽化していれば使用自体が困難なこともあります。そこで現在注目を集めているのが、リノベーションです。リノベーションとは設備を新しいものに一新し、さらには配管や間取りまでも変更してしまう大掛かりな修繕工事のことです。従って、リノベーションを行えば、かなり築年数が経っているマンションでも、今どきのマンションになってしまうのです。リノベーションされたマンションは人気がありますが、その理由は今どきのマンションに新築マンションよりも安い家賃で住めるからです。もっとも、新築マンションと比較すると安いのであり、かなり築年数が経っているマンションとして考えれば、家賃は高めですから、多くの利益を生み出すことになります。