必ず収入を得たいなら一棟売りアパートがお勧め

管理業務を委託する

賃貸物件

税金を減らせる選択肢

マンションによる投資を行うときにはマンション管理を適切に行うことが重要になります。管理には労力がかかりますが、少しでも利益を大きくしたいと考えると自力でマンション管理を行った方が良いと考えるでしょう。しかし、投資によって資産を大きくするためにマンションを活用するというのであれば、管理業務は委託するという考え方を持った方が良い可能性があります。本業としてマンション経営を行うのであればマンション管理にかかる費用は削減するという方針を持つのはもっともなことです。しかし、投資として行うのであれば管理業務の負担が本業に影響を及ぼしてしまうリスクを考慮しなければならないでしょう。マンション管理を委託してしまえば、委託した分だけ管理負担を軽減することができるため、本業に支障が生じにくくなります。そのために多少の費用がかかるのは仕方ないと考えた方が本業と投資を両立させられる可能性が高くなるでしょう。一方、管理にかかった費用については必要経費として処理できる点も忘れてはなりません。管理費は不動産投資に必要な支出なので所得から減算することができ、所得税の課税額を減らすのに利用できます。管理費をある程度かけてしまった方が所得税を軽減できるという考え方を持つと積極的に管理を委託しても良いという考え方も持ちやすくなるでしょう。どの管理業務が負担になるかを取捨選択して業務委託すると投資として続けやすくなります。