必ず収入を得たいなら一棟売りアパートがお勧め

賃貸経営の負担を減らす

男の人

通常の賃貸住宅は、オーナーが賃貸物件の管理業務を管理会社に委託することが多いのですが、入居者と賃貸契約を結ぶのはマンションのオーナーです。ですが、サブリースでは入居者と契約を結ぶのは不動産会社になります。サブリースは賃貸物件をオーナーから不動産会社が一括で借り上げて、不動産会社が入居者を募り契約をして部屋を貸し出します。そして、オーナーはサブリースでマンションを貸し出した不動産会社から賃料を受け取ります。このサブリースは新築の物件でも既存の物件でもサブリースを不動産会社に依頼することができます。サブリースには、収益の安定、物件管理の負担解消のメリットがあります。自身で賃貸物件の経営をしている場合は、空室や家賃の滞納があると家賃は入ってこなくなり収益は安定しません。しかし、サブリース契約では、不動産会社に賃貸物件を一括で借り上げてもらい会社から賃料を得ます。ですので、物件の空室や家賃の滞納などの影響を受けません。毎月決まった額の賃料を得ることが可能になり収益が安定します。また、賃貸物件の経営では、入居者との交渉や対応、入居者を集めるために建物の維持や保守などを考えなくてはいけませんが、サブリースではこのようなことを心配することがないのです。物件の管理業務はすべて不動産会社が行います。したがって、管理業務の負担を解消できます。また、賃貸物件の管理業務を複数の会社に依頼している場合に比べて、契約する相手が不動産会社だけになるため会計処理なども随分楽になります。