必ず収入を得たいなら一棟売りアパートがお勧め

男の人

賃貸経営の負担を減らす

賃貸住宅では、入居者が賃貸契約を結ぶ時にオーナーが行なうのが一般的です。しかし、サブリースでは、不動産会社と契約を結ぶことになるのです。サブリースを行なうことで、入居者からの家賃滞納によるトラブルを防ぐことができ、安定した収益を得ることができるだけでなく、物件の管理も不動産会社に任せることができるのです。

集合住宅の模型

マンション投資の賢い方法

投資用マンションに、かなり築年数が経っているマンションを選ぶケースが増えていますが、その理由は初期費用を低く抑えられるからです。問題となる古い設備や仕様は、リノベーションをすれば一新され、今どきのマンションになります。そのため、高めの家賃を設定することも大いに可能であり、多くの利益が得られます。

アパート投資

PCを使う人

アパート投資のメリット

不動産投資は物件選びが大切で、その後の収益が決まってきます。この不動産投資をはじめるときに一棟売りアパートを選ぶ方が増えています。それは、一棟売りのアパートは物件の価格が安いことにくわえて、不動産経営を行いやすいメリットと利益が安定するというメリットがあるからです。一棟売りアパートは、一棟売りのマンションと比べると価格が安いので、初期投資費用をおさえることができます。そのため家賃を低く設定できるので、価格競争力を高め入居者を募集しやすくなります。区分けの物件を多数所有するとその数だけ契約をする必要があり、またローンを組んで物件を購入した場合でも物件ごとにローンの契約を結ばなければいけません。このように区分けの物件は少し手間がかかります。対して一棟売りアパートは、売買やローンを組むときでも契約は一度ですむので手間も労力もかかりません。そのうえ、アパート一棟ごと管理会社に業務を任せることもできます。また、一棟売りアパートは一棟そのものを所有しているので、部屋以外の共用部分や建物についてもリノベーションを自分の意志で行うことができ、物件のレベルアップを図り付加価値を高めることができます。一棟売りアパートは長期に渡って安定した利益を確保できます。例えアパートに空室が出たとしても他の部屋に入居者が入れば収入が途絶えることはありません。ですので、一棟売りアパートはリスクを分散することができ、収益が安定します。

賃貸物件

管理業務を委託する

投資としてマンションを活用するときにはマンション管理を委託することを考えた方が良い可能性があります。本業との両立を容易にして投資を継続しやすくなることに加えて、必要経費を増やして所得税を減らす方法にもなるからです。